2012年10月25日

"女性性器 〔卵管〕(@゚ー゚@)"

"左右の子宮底角部から発して漏斗状に腹膣内に達する細長い管状臓器で、精子の輸送・受精、
受精卵の子宮内での輸送という生殖についての重要な部分をしめています。子宮側より開質部、峡部、膨大部、腹膣に閉口する卵管漏斗管にわかれています。この部分の炎症は子宮卵管炎と総称され、一般細菌、淋菌も、膣、子宮膣、卵管、腹膜と上昇して、卵管炎から卵管閉鎖、腹膜炎あるいは不妊症という経過をたどることがあります。この場合は発熱、激烈な下腹痛という症状があります。現在では、このような急性期に強力な抗生剤を投与することによって、ある程度、癒着などの後遺症を防ぐことができます。

もっと「知る」ことが大事
セックスのリスクは、どうしても女性のほうが大きいのです。なのに、避妊をしない、避妊は相手まかせ、STDの予防も考えていない…といった、無防備なままでいるのは、とっても危険。
「これで、こころもからだもひとつになれたね」なんて感激したセックスのあと、望まない妊娠やSTDという”おまけ”がついてきちゃったらショックです。そうならないためには、まず「知る」ことが大事。無知のままでいては、ちっとも進歩がないのですから、STDのこと、避妊のこと、女性のからだのことについて、正しい知識をしっかり仕入れておきましょう。" クラミジアが進行すると?
【関連する記事】
posted by はる at 09:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。